中国のopium アメリカ流入について

最近中国のopiumがアメリカの政治的,社会的経済的にも多大な影響を与えているということが言われている 

アメリカに流入する経路は主に


中国から南米へ そして アメリカ
個人の運び屋 
インターネットを介しての売買
など

大量の中国からの opium がアメリカ アメリカ国内に流入している 

これが多くのアメリカ人の社会生活に 影響を与えるていると言う 

しかしよく考えてみればこれは今に始まったことではなく別に中国が どうのこうのでなくアメリカの麻薬問題は昔からずっと存在している

麻薬、大麻、アルコール、ジャンクフード、過剰異常な自由、銃器 などなど

opium と言えば、19世紀に、イギリスは,opium を使って清王朝を潰した



もちろん清王朝が潰れた要因は、麻薬だけではないが、それほど、麻薬は、一国の国を亡ぼすパワーがある

それほどの問題がある薬物などを、アメリカの政府は、どこかで、見て見ぬふりをしているように思えてはならない

ウクライナも問題だが、国内の麻薬問題は、もっと深刻だと言われているが、静観視なのか?

やめられない、止められない 〇〇 なのか。。

いろいろな偉い人達(え!この人が)が、関わっていたりして、そう簡単にはいかないのだろうけども たぶん

矛先(ほこさき)を、中国に向けるのは、筋(すじ)違いだと思われるが。。