中国はインディアナ州知事の台湾訪問をめぐって米国に新たな抗議を申し立てた、と政府報道官は月曜日に述べた。

コピペニュースは、記事内に配信元にアクセスできるリンクがあります。*リンクがない場合もあります。





エリック・ホルコム知事が率いる代表団は、彼の事務所が「経済開発旅行」と呼んでいるものの一環として、週末に台北に上陸し、8月初めにナンシー・ペロシ下院議長の注目度の高い途中降機に対応して中国が軍事訓練を強化して以来、島を訪問する最新の米国当局者となった。

「台湾問題は、常に米中関係の中心で最も重要かつ最も敏感な問題であった」と、中国外務省のウェブサイトが月曜日に掲載した声明は述べた。「中国側は、台湾地域との米国の公式な交流に、いかなる形であれ、いかなる名称であれ、断固として反対する」と述べた。