投稿

ラベル(ナチュラルボイス)が付いた投稿を表示しています

音声読み上げソフト と かえ歌 英会話で楽しく英語を話そう

イメージ
いろいろな英会話練習方法があるが、まえまえから気になっていた”かえ歌英会話”というのがあります。 Googleで、かえ歌英会話を、検索すると、このかえ歌英会話も、すでに、多くのサイトで行われています。 半信半疑の私は、いくつかのサイトを覗いてみた。 "かえ歌英会話のおかげで、それまで、難しすぎた私の英語は全然違ったものになりました" "今までにない英会話教材、練習法" とか、いろいろなレビューが書かれています。 そのいくつかあるサイトで、英会話教材、英会話教室を始めるまえの段階で必要な練習?   練習をする、しないかで、その後の、英会話教材、英会話教室、ネイティブ英会話レッスンに、大きく役立つ、準備運動みたいなことが、書かれているサイトを見つけました。 同じようなことを、思っている人が、結構いるもんだなと思いました。 しかし、残念ながら、その記事は、それ以上の内容はありませんでした。 音声読み上げソフト+テンプレート英語メッセージで英会話練習 とう長い名前を掲げます。 今、この記事をお読みのあなたが、私のように、変わった方法で、なおかつ、楽しんで英会話ができたらと思うなら、ぜひ、続けてお読みください。 注:この準備練習は、子供を対象としていません。 多くの人が外国語が出来ない原因. 多くの場合、原因は、聞くことばかりで、話すことは、ほんのわずか。。。 これが、ほとんどの出来ない原因です。 いくら、英単語、英語熟語、英文法、英語の発音 を覚えて、暗記しても、パソコンでない限り忘れます。 そして、人間だから、忘れます。必ず。 英語の先生から、教えてもらった、英語を覚えたところで忘れます。 その理由は、教えてもらった英語を使うチャンスが、無いからです。 多くの人は、英語を聞く、聴くは、今の時代、いろいろな方法で、十分すぎるほど十分に聞いています。そして、聴いています。 聴くのでなく、話す!しゃべる! 聞くのでなく、喋る、はなす! 沈黙は金でなく、喋る、話す、でしゃばる! しかし、話す、または、喋る行為というのは、言うほど簡単ではありません。 また、チャンスがあっても、簡単ではありません。 それは、チャンスがあっても、話すあるいは、喋る、準備、意思があっても、体がそのように動かないからです。つまり、口の動き、頭の回転が、そのように、

音声読み上げ,音声入力,字幕起こし

史上最強の英会話ツール スマホが登場してから、日増しに技術がすすんでいます。 スマホでいろいろなことが出来るようになりました。 そのなかに、外国語習得に役立っていることを、ごぞんじでしたか。 特に、国際語のえいごは、今までになかったことがおこっています。 それは、アプリツールの組み合わせで、不可能が可能になりました。 音声読み上げ,音声入力,字幕起こし この3つのアプリが、スマホを史上空前の語学習得装置にしました。 スマホ1台あるだけで、誰でも、可能になるんです。 私の、使い方: 主に、マイクロソフトのブラウザー エッジ を使ってます。 世界の出来事が気になるので、主だった、サイトをお気に入りにしてます。 Twitterを、Twitterアカウントを使わず、マイクロソフトブラウザー エッジでログインします。 1も2も、最初から、英語か日本語のどちらかに、全部、ブラウザーの翻訳機能に訳させます。 そして、マイクロソフトブラウザに最初からついてくる、音声読み上げアプリで、読み上げ速度を調節しながら、読んでもらってます。 それで、更に詳しい内容を知りたい場合は、リンクをクリックして、また、英語か日本語のどちらかに全部訳させて、音声読み上げで、読み上げ速度を調節しながら、聞きます。 読み上げる声が同じで飽きた場合は、音声読み上げの設定の所で、違う声をさがして、読ませます。 次に、もう一つの言葉に、全部変えて、また、音声読み上げで読んでもらいます。 私が、なんども、このブログで繰り返し言っているように、この同じことを本当の人間では、絶対無理だし、やりません。 わたしの場合、Galaxy s10+ スマホなので、Galaxy のボイスレコーダーというアプリで、ラジオ、テレビ、生の人間の会話を、同時、録音、字幕起こしをさせて、時間のある時に、いじります。 音声は、音声ファイル。 字幕起こしで作られたテキストは、テキストファイル。  そして、それらを、同時に、再現もします。 他にも、やり方は、あると思いますが、操作慣れると、なんと言うか、面白いです。 スターバックや、レストランで、隣で話している人の会話を、内緒で録音、字幕起こしができて、スパイも顔負けだと思ってます。 これをすると、今までに、気づなかった趣で、いろいろ、分かることが出てきます。 注意: バレないように行ってください