スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

ラベル(音声読み上げソフト)が付いた投稿を表示しています

音声読み上げソフト と かえ歌 英会話で楽しく英語を話そう

いろいろな英会話練習方法があるが、まえまえから気になっていた”かえ歌英会話”というのがあります。 Googleで、かえ歌英会話を、検索すると、このかえ歌英会話も、すでに、多くのサイトで行われています。 半信半疑の私は、いくつかのサイトを覗いてみた。 "かえ歌英会話のおかげで、それまで、難しすぎた私の英語は全然違ったものになりました" "今までにない英会話教材、練習法" とか、いろいろなレビューが書かれています。 そのいくつかのサイトで、一つ、音声読み上げソフトによる英会話教材、英会話教室を始めるまえに、役立つ、準備運動みたいなことが、書かれているサイトをのぞいた。 音声読み上げソフトとかえ歌メッセージで英会話練習 とう長い名前でした。 今、この記事をお読みのあなたが、私のように、変わった方法で、なおかつ、楽しんで英会話ができたらと思うなら、ぜひ、一度お試しください。 サイト内にあった記事にこういうことが書かれていました。 *今は、その記事は、削除したみたいですが、なるほど、そうかとおもいました。 以下は、その記事がアクセスできた時に、コピペ した内容です。(*コピペだと、なんかしっくりしないので、すこし改良を加えました) コピペした理由は、サイトが、このサイトと同じGoogle Blogger (blogspot.com) なのと、ブログテーマが気に入ったからです。 ブログ画面上での記事の配色がよく、記事の中に、画像があれば、その画像が、ブログのホーム上に表示されるからです。 このホーム上に記事内の画像を自動で表示できるのが気に入ったんです。 早速、それまでのテーマをこのテーマに変更しました。 以下、続けます。 多くの人が外国語が出来ない原因 多くの原因は、聞くことばかりで、話すことは、ほんのわずか。。。 これが、ほとんどの出来ない原因です。 いくら、英単語、英語熟語、英文法、英語の発音 を覚えて、暗記しても、生まれた最初のことばでない限り忘れます。 人間だから、忘れます。必ず。 英語の先生から、教えてもらった、英語を覚えたところで忘れます。 聞く、聴く、は、英語、英会話が気になっている人は、今の時代、いろいろな方法で、十分すぎるほど十分に聞いています。聴いています。 聴くのでなく、聞くのでなく、話す!しゃべる! 話すと言えば

スマホは、文字サイズ変更が便利

ブラウザーで文字サイズ調節 あたりまえじゃないかと思われるけど、ブログやサイト側で文字サイズを設定してた。 ブログ、ソフト上で文字サイズ設定を固定してた。 記事を読む人のことを考えて、文字サイズをどうしようかと気になったけど、 スマホってブラウザーで文字サイズがいとも簡単にできるのかと思うと、気にする程でないのかと思った。 ブログ、サイトを見る側がその都度必要に応じて文字サイズを調節すればいいだけのこと。 多少の練習が必要だと思う いとも簡単に文字サイズ調節がブラウザーで設定できると言っても、いざその調節が必要なとき、どこをいじればいいのか分からない場合は、やはり、すぐに、どこをいじればいいのかを知っておかなければならないと思う。 Chrome 以外のブラウザーをインストール Google chrome 以外に自分が馴染むことができるブラウザーをインストールするのがいいです。 そして、文字サイズ調整が必要なときは、考えずにサッと変えられるようにすると、目もつかれないし、ストレスの面でもいいと思います。 ちなみに、私は、ギャラクシー(galaxy) アンドロイド(android 12) ユーザーなので、デフォルトのgalaxy ブラウザーを利用してます。 このブラウザー、非常に気に入ってます。 あと、マイクロソフトのエッジ というブラウザーもいいです。 とくに音声読み上げは、デフォルトでインストールされているので、非常に役立っています。 音声読み上げ機能は、なが~い記事を読んでくれるので重宝します。 とにかくGoogle のせいで、どのブログ、サイトも文字数が異常。 おそらくこの記事は、数百程度の文字数でいいのでは?  という記事が、最低文字数1000記事。 ひどいのは、無理やり3000   4000  5000  文字数がある記事。 書くことがないので、おそらく、書いてる本人もわけがわからなくなったんじゃないかと思われる記事。 このような記事をスマホの画面でたら、健康によくない、 音声読み上げは役に立つ でも記事は、内容がどんなもんなのか、読んでみなければ、何がなんだか分からない。 こういうときは、音声読み上げが一番です。 マイクロソフトのエッジと呼ぶブラウザーは、非常に操作が簡単で、説明を読む必要がないでしょう。 読む速度を調節できるので、自分の調子にあった速度で